レジャー観光 TOURISM

烏帽子岳展望所

対馬は日本と外国の“架け橋”。

国境の島長崎県対馬は日本海の西に浮かぶ島です。
北は朝鮮海峡を隔てて朝鮮半島に対し,南は対馬海峡を隔てて壱岐島,九州本土に面しています。
位置は北端で北緯34度42分,南端では北緯34度5分で,北端は大阪,南端は和歌山附近の緯度に相当します。
また経度では、東端で東経129度30分、西端で東経129度10分に位置し、対馬(厳原)から福岡まで海路(フェリー)138kmであります。
一方、対馬から韓国釜山までの最短距離49.5㎞。朝鮮半島までは、九州本土に比べ半分以下の近距離にあります。
このためよく晴れた日には肉眼で韓国プサンの山並みを観ることができます。
双眼鏡を使うとプサンのビル群を間近に観ることもできます。
また、対馬には国の天然記念物(絶滅危惧種)のツシマヤマネコはじめ大陸系の動植物や対馬固有種など珍しい動植物も見られます。
文化においても古よりの大陸とのかかわりを残したものも多く残っています。
対馬には新鮮なあわび・サザエ・うに・ひじき・魚などの海幸、天皇賞に輝いた、しいたけ、海の宝石真珠など特産品から、ろくべい、いりやき、対馬地鶏などのテレビ番組のどっちの料理などで取り上げられたグルメもそろっています。このように自然が豊かで昔ながらの人情味の溢れる島は癒しの島でもあります、疲れた貴方を都会の喧騒や色々なしがらみから解放し傷ついたあなたの心や身 体を海の香りやさざ波の音、山の緑や森の香り、川のせせらぎ、美味しい食べ物、温泉など大いなる対馬の自然が手助けをしてくれると思います。
疲れている人は、是非対馬に来て元気になってください。
ホテルスタッフ一同ご来館を心よりお待ちいたしております。

Access to Tsushima   /   対馬への交通アクセス

空路・海路でのアクセス時間

空路でお越しの場合「福岡空港」から「対馬空港」までは片道約30分。
「長崎空港」から「対馬空港」までは片道約35分。
⇒対馬空港ターミナルビル株式会社 WEBサイト
海路でお越しの場合ジェットフォイルで「博多港」から「対馬(厳原港)までは片道2時間15分。
フェリーで「博多港」から「対馬(比田勝港)までは片道4時間40分。
⇒九州郵船WEBサイト

※写真は『ながさき旅ネット様』より許可を得て掲載をしています 

Historic Sites & Attractions   /   史跡・名所

  • 厳原町
  • 美津島町
  • 豊玉町
  • 峰町
  • 上県町
  • 上対馬町
万松院

万松院

Bansyouin

元和元年(1615年)第19代対馬藩主宗義智公の菩提寺として歴代藩主の霊を祀ってきた。金沢市の前田藩墓地,萩市の毛利藩墓地とともに日本三大墓地の一つといわれる。桃山建築の遺構を伝える山門横の百雁木とよばれる自然石の石段を登りつめると歴代の藩主と一族の墓が並んでいる。4~5mにも及ぶ巨大な墓石もあり壮観である。なお,本堂には徳川歴代将軍の金箔の大位牌や朝鮮通信使資料等,藩政300年の貴重な資料が保存されている。(国指定史跡)

Google Mapへ
金石城跡

金石城跡

Kaneishi Castle

旧対馬藩主宗家十万石の居城で往時をしのばせる城壁,城門跡が見られる。平成2年夏には,櫓門が再建された

Google Mapへ
深堀武家屋敷跡

深堀武家屋敷跡

Site of the Former Houses of the
Fukahori Clan Samurai

市街地の西,馬場筋通り一帯に高い塀にかこまれた旧武家屋敷が軒をつらね苔むした石垣塀が軒下にとどほど高く造られている。これは対馬来島の朝鮮使節に武家生活の内部を見られることを避けるためつくられたものともいわれている。

Google Mapへ
対馬歴史民俗資料館

対馬歴史民俗資料館

Tsushima Museum of History and Folklore

昭和53年12月に開館され,島内の文化財,考古歴史資料,民俗資料,宗家文庫などの貴重品を収録展示している。朝鮮通信使絵巻は必見。

Google Mapへ
お船江

お船江

Ofunae

久田浦にそそぐ久田川河口に残る5基の船着場は,旧藩時代の御用船を繋留するため作られた人工のドックである。寛文3年(1663年)に造られたものといわれ貴重な遺構である。(県指定史跡)

Google Mapへ
万関橋

万関橋

Manzeki Bridge

対馬島は,一つの島であったが,旧海軍の要港が明治29年竹敷浦に置かれ,大小の艦船が出入り出来るように運河が掘削されて二つの島に分割されたこの瀬戸に架けられた橋が万関橋である。橋の上からは,三浦湾,浅茅湾の眺望がよく,家族連れの散策に絶好のところである。現在,架かっているのは三代目にあたる。

Google Mapへ
浅茅湾

浅茅湾

Adou Bay

対馬上鳥と下島との中央部に位置する典型的なリアス式海岸で,観光対馬を代表するものである。湾内には,大小無数の島が点在し,その景観は,天然の箱庭ともいえる風情を示している。湾内各所では真珠養殖が盛んに行われ,また,釣場の宝庫として釣客に喜ばれている。

Google Mapへ
鋸割岩

鋸割岩

Nokowaki Rock

浅茅湾の西口に位置し,溺れ谷特有の岩形である。鋸で割ったような鋭い絶壁は壮観であり、訪れる観光客を魅了する。

Google Mapへ
和多都美神社

和多都美神社

Watatsumi Shrine

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮で海神神社の一の宮として古くから龍宮伝説が残されている。遠く神話の時代,彦火火出見尊が失った釣り針を求めてこの海宮を訪れ,豊玉姫と結ばれたと伝えられる。本殿正面の,波静かな浅茅湾の入江に立つ大鳥居は,海の干満によりその様相を変え,神秘的である。

Google Mapへ
烏帽子岳展望所

烏帽子岳展望所

Eboshidake View Place

和多都美神杜の背後にそびえる烏帽子岳は,展望台に立つと四方が開け,幾重にも連なる山々,眼下に見下す波静かな浅茅湾の眺望は格別である。ハイキング,トライブなど家族連れで楽しめる。

Google Mapへ
漣痕

漣痕

Ripple Mark

浅い海底にさざ波がたった状態がそのまま化石となったもので,太古の波音が聞こえてくるようである。

Google Mapへ
木坂海神神社

木坂海神神社

Kisakakaijinn Shrine

峰町にある対馬の一の宮「海神神杜」のある木坂は,神地として往占より著名であり,神功皇后がこの地に立ち寄られ伊豆山の麓に幣を捧げ山霊を拝されたと伝えられる。八幡宮の起源は対馬の木坂とされている。

Google Mapへ
青海の里

青海の里

Village of Qinghai

海神神社の前を通ってひと山越えた部落が青海で,30mを超える絶壁,よく手入れされた段々畑は,その背後に広がる荒々しい海と相まってすばらしい景色をみせる。また,この集落には両墓制という珍しい習俗があり,海岸に「埋め墓」、お寺に「拝み墓」と2つの墓が造られている。

Google Mapへ
峰町歴史民俗資料館

峰町歴史民俗資料館

Mine town Museum of History and Folklore

峰町には,縄文時代から近世に至るまでの重要な遺跡が点在している。ここでは重要な文化財をはじめ古くからの人々の生活文化を垣間見ることができる。現在では,音声ガイドシステムを導人しており,展示品の詳細な説明を聞くことができる。

Google Mapへ
円通寺

円通寺

Entsuu Temple

由緒によれば,宗讃岐守貞盛の菩提寺として建立されたという。しかし朝鮮国の『李朝実録』を根拠に、宗貞茂の菩提寺と考察する説もある。応永15年(1408)貞茂が佐賀の地に開府して以降、貞盛,成職と三代の島主が佐賀に定着っしたことから、多くの武士や商人が佐賀に住み、室町時代の島府として繁栄した。当時を偲ぶ文化遺産として・この円通寺が今も法灯を伝えている山の竹林に宗家一族の墓地があり、宝筐印塔が並んでいる。

Google Mapへ
千俵蒔山

千俵蒔山

Senbyoumaki Mountain

佐護から6㎞のところにあり,対馬では珍しく,全山草地でおおわれ,その昔,防人,峰火が置かれ朝鮮から対馬に向かう船の目標となった。
また,秋の晴れの日には韓国連山が夕陽の沈む水平線にくっきりと浮かび,国境の島にふさわしい。

Google Mapへ
そば道場「あがたの里」

そば道場「あがたの里」

Soba Dojo Agata of Village

平成8年11月にオープンした地元のそば料州専門店である。水車を使った昔ならではの製法で,対馬地鶏のだし汁でつくった「いりやきそば」は人気のメニューである。そば打ち体験もできることから団体客に人気がある。

Google Mapへ
対馬野生生物保護センター

対馬野生生物保護センター

Tsushima Wildlife Center

ツシマヤマネコをはじめ,対馬に生息する野生動物の生態や現状について理解と関心を深めてもらうため,平成9年7月にオープンしてから対馬における新しい観光のスポットとなっている、,また、平成15年12月から保護啓発を目的としてツシマヤマネコの一般公開が行われてから平成16年11月末までの1年問での入館者数はおよそ1万9千人に及んでいる。

Google Mapへ
バードウオッチング公園

バードウオッチング公園

Birding Park

上県町佐護平野は,対馬にやって来る渡り鳥の殆どが飛来するという絶好の場所。4階建の観察塔が建っており,ゴールデンウィークには全国からたくさんの人が,バードウォッチングに訪れる。

Google Mapへ
韓国展望所

韓国展望所

South Korea View Place

対馬北端の上対馬町鰐浦(わにうら)は、韓土に近い良港として古代より交通の要路でした。現在、鰐浦の丘の上には韓国の古代建築様式を取り入れた展望所があり、日韓双方の観光客が訪れる観光スポットとして人気を博しています。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ
鰐浦のひとつばたご

鰐浦のひとつばたご

Chionanthus retusus of Waniura

ヒトツバタゴはモクセイ科の大陸系植物で、古代より大陸への窓口であった対馬を象徴する植物として、対馬市の木に指定されています。対馬北部の鰐浦地区は国内最大の自生地であり、5月初旬の開花期には3,000 本といわれるヒトツバタゴが一斉に白い花を咲かせ、初夏に積もる雪のようです。
波の穏やかな日には、山を白く彩るヒトツバタゴの花の影が海面を白く染めることから、「海照らし」の別名で呼ばれています。
昭和3年、国の天然記念物に指定。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ
三宇田海水浴場

三宇田海水浴場

Miuda Bathing Beach

対馬北部東岸に位置する三宇田浜は、平成8年に「日本の渚・百選」の認定を受けた対馬でもトップクラスの海水浴場です。対馬では珍しい極めの細かい貝殻成分からなる天然白砂の浜です。
太陽光を浴びるとエメラルドグリーンとなる海は、南国を思わせ、感動を誘います。
ペンション、温泉施設「渚の湯」、キャンプ場などが隣接しており、夏を中心に島内外の海水浴客で賑わうスポットです。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ
豊砲台跡

豊砲台跡

Toyohoudaiato

世界軍縮会議の結果、廃艦となった軍艦「赤城」の主砲(「長門」「土佐」という説もある)をこの砲台に据えたもので当時は世界最大の巨砲でした。
豊砲台は、実践では一度も発射することがなく、「撃たずの砲台」と言われたりもしますが、第2次大戦時に日本海側の都市に艦砲射撃による被害がなかったのは、対馬要塞の強力な火砲による威圧の効果が大きかったためです。砲台入口まで車で行くことができ、入口の照明スイッチを押すと照明が30分間点灯するため、砲座・砲具庫・巻揚機室などの内部構造を安心して観察することが出来ます。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ
網代の漣痕

網代の漣痕

AJIRO NO RENKON

対馬の地層は、全島が対州層群と称される砂岩と頁岩の互層が主体を成し、その深さは4000m以上にも達します。
漣痕はこの砂岩上に、地質時代、水流や気流あるいは波浪の作用によって波状に遺された痕跡で、リップルマークともいいます。網代の漣痕は、国内最大級の水流によって形成された舌状痕です。
海岸に波を打ったようなでこぼこの岩盤を漣痕といい、浅い海底にたったさざなみがそのままの状態で今も海岸に姿を残しています。規模も大きく、太古のさざなみの音がいまにも聞こえてくるような対馬の長い歴史を感じさせる「さざなみ」の化石です。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ
琴の大銀杏

琴の大銀杏

Kin of Large Ginkgo

上対馬町琴(きん)の長松寺にあるこの巨木は、樹齢千五百年といわれる日本最古の銀杏であり、文字通り対馬の親木です。樹幹を失った空洞の中には、お稲荷さんが祀られています。
「琴の銀杏の木は対馬の親木」と地つき唄に唄われ、「沖より見れば茂りて山の如し」と古文にもあります。
永きに渡って風雨に耐え続け、現在もなお樹勢は盛んで、春に枝いっぱいの葉をつけ、秋には黄葉し、晩秋の落葉の時は、まるで小判でも撒き散らすような荘厳な景色です。正確には幹廻り12.5メートル、樹高40メートルで県指定文化財に指定されています。
出典元 ながさき旅ネット

Google Mapへ

Sea Kayak   /   シーカヤック

シーカヤックイメージ 海抜ゼロから眺めるのは対馬の美しい景色

シーカヤック

大小108の島々と複雑なリアス式海岸からなる対馬では、日本有数のカヤックフィールドとして知られています。穏やかな浅茅湾では初心者から上級者までシーカヤックを楽しむことができます。海からは高さ40mの鋸割岩や金田城跡など、自然や歴史的な見所が満載!湾内は人工物がほとんどないため、過去に大陸から船で対馬へ渡ってきた古代人が見たであろう同じ景色がいまも広がっています。
また、毎年夏になると浅茅湾を会場に「対馬シーカヤックフェスタ」が開催され多くの観光客やシーカヤックファンで賑わいます。

Trekking Spot   /   トレッキングスポット

白嶽(しらたけ)イメージ 九州百名にも選定された霊峰白嶽トレッキング

白嶽(しらたけ)

対馬は89%を山地が占め、原生林も多く存在しています。ツシマヤマネコが生息する「御岳」や、万葉集にうたわれた「有明山」などトレッキングを楽しめる山が沢山あります。そんな中でも九州百名山にも選定された「白嶽(しらたけ)」は、古くから霊峰として崇められてきた対馬を代表する山です。岩脈を覆う原生林から突き出た白い岩峰に登ると、眼下に広がるのは断崖絶壁と朝茅湾の複雑な海岸線!そして360度遮るものは一切なく対馬の全景が手中に収まります。気象条件が良い日には韓国の山影も望むことができます。

Google Mapへ
城山(じょうやま)イメージ 対馬が歩んできた歴史を感じれるトレッキングコース

城山(じょうやま)

城山は天然の地形を利用して防人が古代山城を築いた山です。
丘陵に石垣が続く南西部石塁や一ノ城戸のほか、日露戦争に備え設置された巨大な砲台跡など、トレッキングと共にこれまで対馬が長く歩んできた長い歴史を感じられるのも魅力になることでしょう。

Google Mapへ